ダブルタッチのコツ

サッカーでのドリブルのフェイントのダブルタッチが上手くできますか?
これはドリブルで相手がボールを取りに来た時に、利き足のインサイドでボールを横にタッチしてスライドさせて、直ぐに反対側の足のインサイドでボールを前に蹴り出して相手を抜いて突破するドリブルテクニックです。

 

 

まずは、分かりやすいダブルタッチのコツの動画を見つけたので参考に見て下さい↓↓

 

 

ダブルタッチのやり方としては、前にきた敵の足を見ておき、ボールを取りに来る相手の足の出際を素早い横のタッチでかわします。
この時に、ボールが先だってしまうと相手に体を入れられてしまうので、「イチ、ニ」とリズムよくボールにタッチし、体もボールと一緒についていけるように体重移動を素早くおこなって横、縦(前)に動くようにしましょう。

 

 

また、ボールへの1タッチ目を真横にタッチしてしまうと、相手に当たってしまうこともあるので、やや斜め後ろにタッチするのがコツです。
そして、2タッチ目は足を後ろから出すような感じて行うと上手くいきやすいです。

 

 

中央でも敵をかわすことも出来ますが、サイドやタッチラインで仕掛けるほうが相手が足を出してきやすいので、やりやすいでしょう。
更に、このアレンジ技で片足でダブルタッチも出来るようにしておくと良いですね。
これは、片方の足だけでインサイドからアウトサイドで連続してボールにタッチして相手を抜きます。

 

 

やり方は、敵とサイドで1対1などの状況などで、利き足の右足のインサイドで軽くボールにタッチし、大きく左にジャンンプして左足を踏み込みます。
そして、すぐに右足のアウトサイドで縦にボールを運び、一気にスピードを上げて相手を振りきります。

 

 

両足でのダブルタッチは、相手がボールを取ろうと行動を起こしてそれをかわすようにしましたが、片足で行う場合は、自分からアクションを起こしてかわすことが多くなるので、動きの大きさにメリハリをつけて相手をだますことが必要になります。

 

 

したがって、1タッチ目のインサイドは小さくし、次の軸足での片足ジャンプを大きくして、相手に左に行くぞと思わせて、そこからアウトサイドで相手の逆をとります。
このダブルタッチは、試合では相手を突破する時に使える実戦的なドリブルテクニックなので、試合で活躍したい!ライバルに差をつけたいなら、ぜひマスターしておきましょう。

 

 

式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、またぎからインサイドダブルタッチなど、選手の敏捷性、バランス感覚を磨いて運動神経を、強化することができる様々なドリブルパターン練習をDVDの中で解説してあります。

フェイントは相手が騙されないレベルのものでなければ見ていてぎこちないものです。しっかり学びましょう。