またぎフェイントのやり方

サッカーのまたぎフェイントが上手く出来ますか?
敵のゴール近くの決定的な場所では、スペースが狭いことが多いので、そんな時に効果的なのがまたぎフェイントですね。

 

 

ドリブルから素早くまたいで相手ディフェンダーの動きを止めて、シュートまで持って行けます。
そんな、またぎフェイントのやり方は、細かいボールタッチで相手にドリブルを仕掛けて行きます。

 

 

中に切り込んでシュートをすることが目的なので、足を振り上げて相手にシュートを打つと思わせて相手の動きを止めます。
次に縦に突破するように見せかける為に、右足でボールを素早くまたぎます。そうすると相手は縦の空きスペースを埋めようとして前に出てくるのです。

 

 

また、相手の動きを止めたら、すかさず右足のアウトサイドを使ってボールにタッチして中に切り込んで行きます。
この時に気をつけなければいけないのは、相手の足が届かないところにボールを運ぶようにすることです。

 

 

そして、ボールにタッチして押し出した瞬間にスピードを上げて、一気に中に切り込んでいきながら、次のステップでシュートに持ち込むようにします。

 

 

このまたぎフェイントは、様々なドリブルに繋げるなど応用を利かせることが出来ます。
例えば、またぎからシザース、インサイドダブルタッチなど、相手ディフェンダーを翻弄するには、ぜひともマスターしておきたいドリブルテクニックです。

 

 

いずれにしても、サッカーが楽しく感じる瞬間は、敵を抜き去った時ですね。ですが多くの場合、チームの練習は集団的なものであり、個人のテクニックや能力を生かすことを目的に考えられていません。

 

 

誰もが、個人のドリブルなどのスキルを高める練習が重要だと分かっているにも関わらず、いきなりゲームの中でチームプレーが求められてしまうのが現状です。
したがって、そうした組織に埋もれない為にも相手を抜くテクニックを磨くようにすることが大切でしょう。

 

 

ライバルに差をつける巧みなドリブルを習得するコツをお教えします!