ファルカンのやり方と練習方法

サッカーの抜き技(足技)であるファルカンフェイントが上手く出来ますか?
まずは、分かりやすく解説してある動画があったので参考に見て下さい。↓↓

 

 

 

動画にもあるように、体の前を通るボールの上を、空振りするように足を動かしてフェイントを掛けて、サイドから中へ切り込むドリブルがファルカンですね。
繰り返し練習することで、ボールコントロールが上手くなり、試合でも使えるドリブルテクニックです。

 

 

特に、相手ゴールに近づいたところのサイドラインを背にしてボールを持っている時に、敵のディフェンダーの動きを良く見て使うと効果的でしょう。

 

 

ファルカンの練習方法としては、まず右足(利き足)の裏でボールを転がし、体の前にボールが来たら左足を振り上げて足の下にボールを通し、左斜め前にきたボールを左足の裏で右に転がします。

 

 

これを上手く出来るようになるまで繰り返し練習すると良いでしょう。
試合では、相手を誘うようにしてボールにディフェンスの足を近づけさせて、そこに空いた股を抜くなど、サイドから中へ切り込むようにしましょう。

 

 

なお、相手を抜くドリブルが上達するには、体力、脚力、敏捷性などなどいろいろな要素がありますが、スピードドリブラーであれテクニック型であれ軸足の使い方、足首の使い方などなど重要なポイントをしっかり理解したうえでのトレーニングで必ず身に付きます。

この式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、普段指導している方法が分かりやすく映像で解説してあるので、しっかり取り組めば短期間で、2、3人を一気に抜けるドリブルが身につき試合で大活躍できるようになれるでしょう。

 

コーチをうならせる巧みなドリブルを習得するコツをお教えします!