シャペウのやり方

浮き球で相手を抜くシャペウが上手くできますか?
相手を背負った状態でボールを受けた時には、簡単には前を向かせてもらえないので、そうした時にボールを浮かしてディフェンダーの頭上を越して、一発で相手の背後を狙うサッカーのドリブルテクニックの一つです。

 

 

また、シャペウとはポルトガル語で帽子という意味で、敵の頭上を抜いてかわすさまが、帽子をかけているように見えることからそのように名付けられており、見ている人の心をワクワクさせる華麗な技でもあります。

 

 

そんなシャペウのやり方としては、送られてきたボールを、右足を地面から離さずにインサイドで止めるようにすると、ボールが浮くので、それを足の甲にしっかり当てて、相手の背後を狙って蹴り上げて浮かせます。

 

 

そして、ボールを出すと同時に動き出し、素早く相手をかわしてボールに追いつくようにします。
これが一番簡単なシャペウのやり方ですが、ボールの上げ方は何でも構いません。

 

 

要はいかに早くボールを運べるか、もしくは前に行けるかです。
実際にサッカーの試合ではドリブルで相手を背負った状態というのは良くあるので、上げ方は人それぞれですし、状況によっても変わってくるでしょう。

 

 

どちらにしても、ドリブルで相手を背負合った状態で引き付け、敵の頭上に悟られることなく如何にボールを上げられるかがポイントです。
その為、一連の動作をコンパクトにやることがシャペウのコツになり、つま先ですくい上げるようにするなど、一度で相手の裏をかけるように出来れば、より良いでしょう。

 

 

この式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、相手の体をボールに引き寄せて、そのすれすれをいかに通していけるかというシャペウのやり方やコツも実演で映像で分かりやすく学べるので、この機会に習得すれば、タッチラインだけでなく、中央でもスペースがあれば使えることから、実戦でも相手をかわす大きな武器になることでしょう。

 

試合で使えるシャペウのコツをお教えします!