キックフェイントのコツ

キックフェイントをサッカーの試合で使っていますか?
このキックフェイントは、簡単に言えば蹴るふりをして蹴らないことですね。

 

 

状況によって色々な使い方がありますが、特に日本では相手が近づいてきた時に蹴るふりをして、その逆をとってシュートしたり、ドリブルを続けたりするのを良く見かけます。
このフェイントを使うと一番効果的なポジションは、やはり相手ゴールに近くなるフォワードでしょう。

 

 

例えば、シュートをする場合なら、蹴る動作を大きくして相手の重心をずらして、その逆をとるようにすることがキックフェイントのコツです。
左サイドから切り込んで右足を振り上げれば、ディフェンダーはシュートコースを防ぎにくるので、相手が動いた瞬間に空いているスペース突くのです。

 

 

また、左右にボールを持ちだしてDFをかわしてからシュートを打っても良いですし、縦に抜き去ってゴール前に折り返しても良いですね。
いずれにしても、フォワードがゴール近くでパスを受ける時にキックフェイントをやらないと、相手DFは一気に間合いを詰めてボールを奪おうとしてきます。

 

 

これではいくらドリブルが得意でも、それをやるスペースがありません。
ですが、ボールを受ける瞬間にひとつ入れるだけでも、相手が動きを止めてすぐには寄ってこないので、スペースを作り出す効果もあるわけです。

 

 

そうすることで、慌てないですみ、周りの状況を見ていい判断も出来るので、その後に落ち着いてシュートなどの次のプレーに移れるのです。
また、日本では相手を抜く為に、相手の目前でやるものというイメージが強いですが、目の前の相手だけじゃなく周りの複数の相手にキックエイントを仕掛けるのも効果的です。

 

 

ミッドフィルダーの中盤の選手なら、ところどころで小さく足を振り上げでドリブルで進むようにするだけでも、相手はパスが来るかもしれないと身構えてしまうんですね。
例えフェイントだと分かっていても、止まってしまうのが人間の習性なんです。

 

 

このようにキックフェイントは、プレーの可能性が広がるので、使わない手はないでしょう。

 

 

この式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、キックフェイントからの切り返し、後ろ通し、ボール浮かしなどの、効果的なやり方やそのコツが実演での映像で分かりやすく解説してあります。
やはり、ひとつのフェイントだけだと、みんなが知ってしまえば、敵をだますのが難しくなるので、色々な組み合わせが出来るよにうにする為のいいお手本になるでしょう。

 

わざとらしくないキックフェイントのコツをお教えします!