マルセイユルーレットのコツ

マルセイユ・ルーレットが出来ますか?
ドリブルしながら体を巧みに回転させボールをコントロールしていくフェイントで、小中学生のジュニア選手でもできる子は大勢いますね。

 

 

まずは、参考にマルセイユルーレットで知られジダンのテクニックを見て下さい↓↓

 

 

 

このフェイントは、動画にもあるようにドリブルから足の裏を使ってボールを止め、その瞬間に、身体を反転させながら左右の足で、ボールをちょんちょんとつくようにボールコントロールし、敵にボールが届かせないようにして、再びトップスピードのドリブルを行うものです。

 

 

このマルセイユルーレットを習得する為の練習としては、小学生ならはじめはゆっくり、歩くくらいの速度で練習するのが上達するコツで近道でしょう。
ドリブルから足の裏でボールを止めて、ボールをチョンとつき、身体を反転させながらボールをチョンとつき、相手をかわしてボールをキープして、ドリブルを続けます。

 

 

ですが、相手をかわす為に反転しながらボールをコントロールする時に、身体の上下動が大きくなってボールに体を預けすぎてしまうと、バランスを崩しやすので注意が必要です。

 

 

また、仕掛けるタイミングも、間合いが遠いと抜けませんし、かといって近すぎても相手の間合いに入ってしまいボールコントロールがしずらくなるので、自分と相手との間合いの重なり合う境界線で仕掛けることです。
ここでアクションを起こすことで、抜くか奪われるか決まりますし、勝負の決め所になります。

 

 

いずれにしても、相手をドリブルで突破するには逆をつく必要があり、様々なフェイントは相手の逆を取る為の布石にすぎず、判断とスピードが決め手になります。
まずは、マルセイユルーレットの練習のコツをつかみ反復して行えば、ジダンのように必ず上手く出来るようになれることでしょう。

 

 

ジュニアでもできるマルセイユルーレット練習法とは?