ターンせずにDFの頭上にボールを通す

サイドでの1対2などの局面で、ターンせずにDFの頭上にボールを通すテクニックを身につけると一度に相手を2人抜けるので身につけておきたいドリブルテクニックですね。

 

 

例えば、左サイドでボールを受けたが、相手デイフェンスが背後にいて前を向くことが出来ず、もう一人のディフェンダーが挟みこむように来た場合などの状況です。

 

 

このような場合には、まず背後にいるDFから離れる為に、ボールを前に素早く動かしてスペースを作る必要があります。そして、左足でボールを止めてもう一人のDFが近くに寄ってくる前に右足でボールをすくって脛(すね)と足で挟みながら、右足の膝下から足首を上に振り、背後のDFの頭越しにボールを通して突破します。

 

 

また、DFの頭上を通したボールは3メートルくらい先にボールを落として、ワンバウンドしたところを抑えるようにしたほうがやりやすいですが、あくまで自分の走る方向やスピードに合わせて行うようにして下さい。

 

 

なお、ターンせずにDFの頭上にボールを通すコツとしては、足とすねでボールを中心をしっかり挟み込むことと、軸足となる左足がボールより前に踏み込んむことで、右足の膝から下の振りを柔らかく使うことです。
そうすることで、膝がやや曲がった状態で余裕を持ってボールを蹴り上げられるようになります。

 

 

基本は、相手があまり寄ってこないうちに右足でボールをすくい上げるようにするのが大切ですが、かといってあまりい相手との距離(間合い)が詰まっていないタイミングで行うと、反対に対応されやすくなるので、ボールを動かしながら間合いを把握することが必要になってくるでしょう。

 

 

1人で短期間で上達出来る突破テクニックと練習法!