シザースのコツ

シザースが上手く出来ますか?
ドリブルテクニックの中でも、ジュニア選手が遊びの中で一番真似したがるのがシザースです。ボールをまたいで敵を惑わす王道の足技と言えますね。

 

 

このシザースは、ボールをまたぐ寸前まで、アウトサイドで蹴り出すように見せないと、相手を釣り出すことが出来ません。
そこでシザースのコツとしては、、ボールをまたぐ前に軸足を大きく踏み込み、スピードを速めるように見せることです。

 

 

そして、ボールに触れるぎりぎりの距離で足を動かしてまたぐようにし、その後はスピードを上げて一気に相手の逆を取りにいくので、またいだ足で強く踏み切ります。
特にジュニア選手でシザースが上手く出来ない人に多く見られるのは、足だけを動かしてボールをまたぎ、相手を釣り出せずに失敗しているパターンが多いです。

 

 

相手DFの逆をとる為には、またぐ足だけではなく、体全体に気をくばるようにすることが大切です。
したがって、体全体で行きたい方向とは逆方向へ大きくステップする感じで仕掛けるようにすると良いでしょう。

 

 

また、連続で行う場合は相手との駆け引きも必要になってきますね。
連続シザースは立て続けにボールをまたいで、相手の重心の傾きとは逆方向にボールを運ぶテクニックです。

 

 

連続してシザースをする場合は、敵を大きく反応させて釣って重心を傾けさせるために、ボールをまたぐ速さだったり、大きさを変えて慎重に相手を揺さぶり、逆をとるチャンスをうかがうようにします。
また、相手の重心を確認する為にも、視界には相手の足元とボールが見えるようにして、仕掛けるのが連続シザースのコツです。

 

 

なお、この式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、シザースに最も大事なスピードをアップさせる練習方法が紹介してあります。ボールを両足でジグザグでまたぐテクニックを習得するとパワフルで、さらに、スピードのあるシザースでは相手の足を止めることができます。ライバルに差をつける為にもしっかり学ぶと良いでしょう。

 

DFをかく乱するシザースのコツと練習方法をお教えします!