ヒールリフトのやり方とコツ

ヒールリフトが下手でボールを奪われていませんか?
このドリブルテクニックは、かかとでボールを大きく上げる大技で、自分の後ろから前に敵の頭上を越して突破するドリブルテクニックです。

 

 

まずは、ヒールリフトのやり方の分かりやすい動画をみつけたので見て下さい↓↓

 

 

 

このヒールリフトは、まず仕掛けるときは、ボールの運び方やスピードに気をつける必要がありますね。
かかとでボールを上げ背中から敵の頭上を越すことから、自分の体勢の問題で成功するかが決まってきます。
そしてボールを両足で挟む時に、軸足のくるぶしあたりで挟み、そのボールを軸足に沿って右足で少し上げるのがコツです。

 

 

そして、右足を離すと同時に左足のかかとを振り上げてボールに当てます。
ですが、すぐにかかとに当てようとすると上手くいかないので、少しボールを上げてからかかとに当てるようにすると上手くボールが上がるようになるでしょう。

 

 

基本的なヒールリフトのやり方としては、サイドで敵と並んで走りながらドリブルし、左足を踏み込み、両足でボールを挟んで少しボールを上げて、右足を離すと同時に、左足のかかとでボールを下から蹴り上げます。
そして、敵の頭上を通ったボールをコントロールして突破します。

 

 

難しいドリブルテクニックなので、サッカーの試合で使うならしっかり練習をして、自分のものにしてから使うようにしましょう。

 

 

なお、ヒールリフトが下手で相手にボールを奪われてしまうのは、ボールを上げる高さのコントロールが上手くいかないこともありますが、その他にもボールをキープできない理由があります。

この式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、ヒールリフトはもちろん、その他にも試合で一気に2,3人抜くことが出来るドリブルテクニックを習得することできます。

 

ヒールリフトが下手でボールを奪われてしまう選手の共通点とは?