インサイド・アウトサイドの基本練習

サッカーのドリブルが上達するには、インサイドとアウトサイドでのボールタッチの感覚を徹底的に掴むことが大切ですね。

 

 

そんなドリブルの基本テクニックをマスターするには、まずは同じ足を使って1タッチずつリズムよくジグザグにドリブルで進む練習から始めましょう。

 

 

そんなインサイド・アウトサイドのボールタッチの練習のやり方としては、右足のインサイドでボールを左斜め前へ押し出します。
次に同じ足のアウトサイドでボールを右斜め前に向きを変えて押し出します。

 

 

そして、もう一度右足のインサイドを使い右斜め前に押し出し、すぐに同じ足のアウトサイドで切り返すようにします。
この時には、体からボールが離れすぎないように注意いてリズムよくやります。
また膝を充分に曲げて、頭をしっかり上げて行うことがポイントで、左右の足で同じように出来るようになるまで練習しましょう。

 

 

更に、ある程度上手く出来るようになってきたら、同じ足の同様の場所を使って2タッチずつで進む練習をすると良いですね。
ポイントとしては、膝を柔らかく曲げて1・2のリズムで進み、ボールを切り返す前には、上半身を使ってキックフェイントを大きく入れて行ってみましょう。

 

 

大きく足を振りあげ柔らかいタッチで素早く向きを変えながら切り返します。大きなキックフェイントの後に、深くひざを曲げてボールにタッチすることで、より素早く向きを変えられるようになります。

 

 

また、ボールの動きは必ずジグザグにになるように必ず斜め前に転がして行うようにしましょう。
このインサイド・アウトサイドの基本の練習をすることで、スムーズにボールが運べるようになり、しっかり基礎が出来るようになることで、中級レベルのテクニックに進んだ時に壁にぶつからないで済みます。

 

 

なお、この式田高義監修の一点突破ドリブル習得プログラムDVDでは、インサイド・アウトサイドなどの使う足の部位を意識した基礎練習がしっかり網羅してあり、ボールの運び方の注意点などの上達に欠かせないコツヤポイントが分かるので、遠回りせずに最短で上達することが出来るでしょう。

 

文章では分かりずらいことも映像とメールサポートでバッチリ分かります!